Enjoy Reproductive Systems

LABORATORY ラボの様子

植物学会@広島

2018年9月17日

914日から16日、広島で開催された植物学会に参加して来ました。

口頭発表の人もポスター発表の人も白熱したディスカッションを繰り広げ、有意義な学会でのひと時になったことでしょう。

また、東山先生は学術賞を受賞されました。研究室メンバー一同、これからも研究に邁進していきたいと思います。

会場は平和記念公園内にありましたので、宿泊場所によっては、会場にたどり着くまでの間に原爆ドームなどを見ることもできました。原爆の恐ろしさを目の当たりにし、平和に暮らせていることのありがたみを実感しました(今の世を平和と言って良いのかは、議論の余地がありますが…)。

恒久の平和を願いつつ、研究に没頭できる環境に感謝して終わります。皆様、お疲れ様でした。

IMG_3839.JPG

▲学会ロゴマーク。日本三景の宮島を彷彿とさせるオシャレなロゴですね!

IMG_3844.JPG

▲原爆ドーム。負の遺産。鉛のような空がより一層、おどろおどろしい感じを醸し出しています。

IMG_3848.JPG

▲平和記念公園。意味深な設計になっています。皆様は感じ取ることができましたか?

IMG_3946.JPG

▲東山先生!学術賞受賞おめでとうございます。楽しい記念講演でした。

成江先生のお誕生日会を行いました!

2018年8月27日

27日に数日遅れで、成江先生のお誕生日会を行いました。

今年のケーキはお絵描き風東山夫婦ケーキと橋本左内先生ケーキでした。

成江先生は、橋本左内先生のご偉業を多くの方に知ってもらうために活動もされています。江戸時代の人がまさかケーキの上に現れるとは、成江先生の頭の中になかったようで大号泣でした。橋本左内先生もお喜びのことかと思います。

DSC_8501.JPGDSC_8511.jpgDSC_8519.jpgDSC_8521.jpgDSC_8523.jpgDSC_8528.jpgDSC_8540.jpgDSC_8547.jpg

ラボ旅行で「福井」に行ってきました。

2018年8月22日

~はしがき~

人はどうして出発することばかりを喜び、帰ることについては触れないようにするのか。目的地から離れて行く時間や距離を惜しんでいるからなのでしょうか

~第一日目の手記~

820,21日にラボ旅行で、成江先生の故郷でもある福井に行きました。

ビルが所狭しと並び、ヒートアイランド現象を感じながら生活している私たちにとっては、福井の環境はとても新鮮であり、どこか懐かしい感じもしました。

今回訪れたところは、池田町というところで、旅館は山々に囲まれた冠荘でした。山の間を清らかな川が流れているので、きゃっきゃきゃっきゃ言いながら水遊びすること可能です。また、冠荘周辺に、Tree Picnic Adventureという施設があり、若かりし少年少女時代を彷彿とさせる体験ができました。大空に向かってそびえる木を渡り歩くという体験でたっぷり汗をかいた後は、旅館の温泉で極楽タイム突入!!ナトリウム・炭酸水素塩泉のお湯が優しくお肌を包み込み、入浴後はお肌がとろっと、もちもち、すべすべになってしまいました。

~第二日目の手記~

2日目はこんにゃく道場で、こんにゃく作りを学びました。こんにゃく作りに使われるこんにゃく芋は3年芋らしく、Bigになるには3年は少なくともかかるんですね~。丹精込めて、こんにゃくを作り、おうちに持ち帰りました。

あっという間に始まって、あっという間に終わった今年のラボ旅行でした。来年はどこに行くのかな~

DSC_8476.JPG

▲冠荘前にて

IMG_7444.jpg

▲トトロが出てきそうな山間部

IMG_7447.jpg

▲福井と言ったらおろし蕎麦。おろし蕎麦と言ったら福井

2018-08-20 13.51.10.jpg

▲高すぎて、膝がガクガクしちゃうよぉ〜

IMG_7455.jpg

▲四方さん、しばしの休息。スヤ〜Zzz

IMG_7559.jpg

▲星を眺めると、地球の歴史を振り返りたくなりますよね。え?僕だけ?

DSC_8448.JPG

▲宴会だぁぁぁ!!

IMG_3691.jpg

▲左側をご覧下さい。三年の月日を経て、Bigになられたこんにゃく芋さんでございます。

IMG_3692.JPG

▲刮目せよ!これが本当のこんにゃく畑だ!

DSC_8482.JPG▲こんにゃくを通して、人としてどう成長していくべきなのかを考えさせられました。え?僕だけ?(2回目)
IMG_3697.JPG

▲お嬢さん。お母様とお父様が手つきをご覧になられてますよ。

IMG_7603.jpg

▲(おまけ1)東尋坊。岩肌を見ると地球の躍動感が伝わってくるんだよなぁ。福井の恐竜たちもガシガシしてたのかな。

5513A636-567E-4F2B-B7A4-A7D31B837B64のコピー.jpeg

▲鮎といふものはですね、頭からいただくものなのですよ。いただきまーす。ウフフ。

院試の結果はいかに!!

2018年8月 9日

88日、9日に大学院の入試が行われました。

見事4年生は全員合格しましたので、来年からは院生盛りだくさんの研究室になりそうです!

院試が終わったので、一休みしたら次は卒業研究に向けてですね!研究に没頭できる夏休みを送れるといいですね!!

DSC_8361.JPG
▲お疲れモードの4年生
DSC_8363.jpg
▲4年生のリクエストのお寿司!たくさん食べて元気つけてね!
DSC_8382.jpg
▲表情や身振りからは何を話しているのかわからないですね〜

Semester Seminarと納会を行いました

2018年7月24日

724日に前期を締めくくるSemester Seminarと納会を行いました。今年度の前期は怒濤の如くイベントが目白押しで、慌ただしく感じましたが、一旦区切りもついて、夏休みは落ち着いて研究に没頭できる期間になるのではないでしょうか。

みなさま、お疲れ様でした!次は植物学会に向けてですかね~

DSC_8156.jpg

▲納会の様子(Part1)

DSC_8157.jpg

▲納会の様子(Part2)

DSC_8160.jpg

▲松本さんの不思議な様子に周りは大笑い!?

IMG_3184.JPG

▲この写真に違和感を感じる人は少ないことでしょう。このお手本おような空気椅子〜!

IMG_3187.JPG

▲奥田さん!ものすごく美味しいパイナップルでした!(I have two pineapples♪♪)

RyunosukeくんがDefenseを合格しました

2018年7月17日

G30Ryunosukeくんが見事、Defenseを合格しました。体調がすぐれないこともあり、自分が思い描いていた実験が達成できたかどうかはRyunosukeくん本人にしかわかりませんが、側から見ていると最後まで諦めずにすごく頑張ったなぁと思います。

学位は授与される(give)のイメージがありますが、「Defence」というだけあり、己の力でEarnしたと思います(攻めの姿勢、いいですね〜)。

卒業という言葉を聞くと、英語ではgraduateを思い浮かべる人もいるとは思いますが、スティーブ・ジョブスの伝説のスピーチでは、commencementという言葉が使われています。commencementには「卒業」の他に「始まり」という意味があります。ということは、卒業は終わりではなく、これからの将来へのスタートだとういうことなんですね!!

IMG_5458.JPG

▲Yay! You did it! Congratulations!!(右は同級生のJia Xinさん)

Maria & DianaのFarewell Partyを行いました(涙)

2018年7月 6日

ホームページをご覧の皆さん、こんにちは。76日に半年滞在したMaria3ヶ月滞在したDianaFarewellpartyを行いました(涙)。お食事は東山先生が中日文化賞を受賞のお礼ということでセッティングして頂きました(本当にありがとうございます!)。異国の地に飛び込んでくる勇気は本当に尊敬します。不安や緊張を感じながら、日本という国にきたと思いますが、未知の世界を旅して、新しい景色が見えましたでしょうか?ポルトガルの偉人ヴァスコ・ダ・ガマもきっとドキドキしながら航海したんでしょうね。船の進路を決めるのは風ではなく、帆の向きです。人生の航海の行く末を決めるのは、強い心の持ち方です。また会いましょう!

 

We had a farewell party for Maria & Diana. We respect her courage to jump into a foreign country. We think you came to Japan while you felt nervous. Can you see new scenery during traveling an unknown world? Vasco da Gama, a great Portuguese, also sailed while he got butterflies in his stomach. It is not the wind that determines the course of the ship, but the direction of the sail. Voyage of your life is up to you!! 

Vamos encontrar novamente!

IMGP0531.JPGIMGP0534.JPGIMGP0536.JPG

▲お別れの言葉を聞いていたら、涙で視界がぼやけて、カメラのピントを合わせるのがようやくでした(涙)

IMGP0548.JPGIMGP0553.JPGIMGP0557.JPG

▲色紙は「桜」になる可愛いタイプのものをプレゼントしました!

IMGP0566.JPG

▲お二人とも扇子の持ち方がセンスいいですね〜(ギャグです。すみません。)

IMGP0578.JPG

▲あ、お食事の時も置いてくれてるっ!

IMGP0582.JPG

▲また来てね〜!Espetacular!!!

東山先生と金岡先生がICAR2018に参加しました。

2018年6月30日

6月25日から29日にかけてICAR2018(International Conference on Arabidopsis Research)が開催されました。28日のReproductionのセッションで金岡さんがStructural and functional analysis of LURE proteins for species-specific pollen tube guidanceについて講演され、最終日に東山先生が基調講演「Cruising inside flowers: from cellular dynamics to key signalling molecules」をされました。

IMG_2535.JPGIMG_2537.JPG

3年生実習を行いました。

2018年6月29日

6月18日から29日の2週間に渡り、3年生実習を行いました。

今年も、花粉管ガイダンスにおける助細胞機能の解析と題しまして、「マイクロデバイスを用いた花粉管ガイダンスの観察」、「シロイヌナズナ配偶体マーカーラインの蛍光観察と同定」、そして「シークエンスとBLAST検索による助細胞特異的に発現する遺伝子の同定」の豪華3本立ての実習内容でした。

TAの方は入念に実習内容を確認し、実習に臨みました。

実習に参加した3年生は先生の話をよく聞き、疑問点はグループ内で話し合い、どうしても解決できない場合はTAに聞くなど、積極的に実習に取り組んでいたように思います。

胚珠を解剖するなど慣れない作業もありましたが、創意工夫し、TAからコツを聞くなど、和気藹々とした実習になり、東山研一同、非常に嬉しく思います。

IMG_2951.JPG

▲打ち上げの様子です。

ICSPR2018に参加しました

2018年6月17日

6月11日から16日にかけて、The 25th International Congress on Sexual Plant Reproduction(国際植物生殖会議2018)に参加しました。今回は岐阜での開催でした(まさかの国内)。近年の植物の生殖分野を支えている多くの先生方の講演や、数多くのポスター発表に魅了されました。いつかは私たちもあの大舞台で発表したいものです。

IMG_2859.JPG

▲毎晩、国際会議の看板に「かんばんは(こんばんは)!」(ギャグです。すみません。)

IMG_2865.JPG

▲岐阜駅前には横断幕!!

IMG_2875.JPG

▲国際学会のエクスカーションで、長良川にて鵜飼ツアーに参加しました。これが日本のクルージングだ!!

IMG_2917.JPG

▲岐阜城から会場を見渡しました。どこかわかるかな?「天下統一するぞ〜」

1 / 12

Copyright (C) Higashiyama laboratory All rights reserved.