Enjoy Reproductive Systems

LABORATORY ラボの様子

一年の締めくくり〜2018完〜

2018年12月26日

12/26(水)お昼頃から大掃除を行い、そのあとに吉村研と合同で忘年会を行いました。

いや~、寒いですね~。

今年もいろいろありました。MariaとDianaがやってきて、ラボ総出で国際植物生殖学会に参加したり、ラボ旅行では福井に訪れました。そしてあっという間に新たな卒研性も加わりました。

ビックニュースも盛りだくさんで、ラボメンバーにとって飛躍の年だったのではないでしょうか?

来年は亥年です(東山先生は年男です)。亥年ということで、ありきたりではありますが、猪突猛進で、真っ直ぐ突っ走っていきましょう!!

IMGP0613.JPG

▲奥田さんから頂いた「紅マドンナ」という蜜柑。至高の蜜柑でした。

IMGP0616.JPG

▲卒研性の皆さんもお疲れ様でした。これからですね!

IMGP0619.JPG

▲パーティーだー!!

IMGP0620.JPG

▲イェーイ!パーティー!たくさん食べるぞ〜!

IMGP0623.JPG

▲会談中…。

IMGP0624.JPG

▲「今年もお疲れ様でした。ピザ美味しいね。」

IMGP0625.JPG

▲お話ししてるところすみません。撮らせていただきました。

IMGP0626.JPG

▲赤と青。1と2。

2018年度新卒研生の歓迎会を行いました。

2018年12月 4日

124日、新卒研生の歓迎パーティーを行いました。

新卒研生の3人は緊張した面持ちで下が、時間が経つにつれて、わいわいしたラボの雰囲気に溶け込んでいるような気もしました。

卒論に向けてどんどんいきましょう!よろしくお願いします!

DSC_8578.JPG

▲先輩になった久林さん(左)と矢野さん(右)。ガツガツいきましょう!

DSC_8585.JPG

▲カメラ目線の榊原くん。ギャンブラー(?)として、当てにいっちゃってください!遠慮しなくていいですよ!

DSC_8589.JPG

▲何かのアクション中の平松くん。チャレンジングな活躍を期待しています!

DSC_8590.JPG

▲お外は寒空に覆われていましたが、歓迎会は実にホットでした!!

Lab.4 Meeting 2018「多様な植物科学研究と3つのF」

2018年11月21日

1121日にLab.4 Meetingが開催されました。タイトルにある3つのFとは何か?気になりますよね?お答えしましょう!3つのFとはFrontier、Fusion、Futureです!個人的にFusionと聞くと細胞融合を思い浮かべてしまうのは、職業病みたいなものですかね〜。ちなみにこのFusionは分野間の融合という意味です。

 

今年は、坂田・平田ホールで行われました。朝早くから晩にかけて、ギュッと凝縮されたMeetingでした。

我がラボからは安藤、久林、五郎丸、水谷、そして浦川(敬称略、発表順)が発表を行いました。最先端の発表を聞けて、とてもワクワクしました。また、一年ぶりに聞く内容は、順調に進んでいるなぁという印象も受けました。

来年も楽しみです!

※写真は木下研の土屋先生からいただきました。ありがとうございます!!

IMGP8763.JPG

▲謝辞の写真がMriaとDianaのお別れ会の時のもの。思い入れがあるんですね。

IMGP8765.JPG

▲久林さんと言ったら、トマト!トマトが似合いますね!

IMGP8776-1.jpg

▲いい発表でした。卒論もこの調子で!!

IMGP8790-1.jpg

▲東山先生からベテランと紹介された水谷さん。ベテラン感で出ましたよ(笑)

IMGP8806.JPG

▲東山研のとりを浦川くんが務めました。粘菌の魅力をバッチリ伝えられたと思います!

IMGP8754.JPG

▲お疲れ様でした!来年も盛り上がっていきましょう!!

新学術領域「新種誕生の原理」の若手の会が開催されました

2018年10月31日

1028日から30日にかけて、新学術領域「新種誕生の原理」の若手の会が実施されました。今回の若手の会は学生主体で行われました。そのため、当研究室からも実行委員として、長江、中島、木全(敬称略)が運営を行いました。準備を進める中で、先生方はご多忙の中、会の運営をオーガナイズするのは本当にすごいなぁと思いました。

発表の方では、当研究室だけではなく、他の研究室の皆さんも本当に盛り上がっている様子でした。欣喜雀躍の思いで、オーガナイザーとして見守っていました。当日の準備から片付けまで、研究室のメンバーにはものすごく協力していただきました。ありがとうございます!色々な人と出会い、様々な経験を見聞することで、より豊かに、各々の夢へまた一歩近づいたのかなと思います。

IMG_8303-2.jpg

IMG_8277.jpgIMG_8288.jpgIMG_8982.jpgIMG_8960.jpgIMG_8306-1.pngIMG_8980.jpgIMG_8222.jpgIMG_8368.jpg

久林さんが日本ナス科コンソシアムに参加しました

2018年10月22日

10月19日に第15回日本ナス科コンソシアムが開催されました。

学部4年生の久林加奈さんがポスター発表賞を受賞しました。

~受賞者の声~

記者:受賞が決まった時、どのような気持ちでしたか?

久林:映えある賞をいただけるとは思っていなかったので、大変恐縮しております。

記者:ポスターを発表していた時の状況を教えていただけますか?

久林:多くの方に発表を聞いていただけてとても嬉しかったです。

記者:それでは最後に一言お願いします!

久林:これからも頑張ります♡

IMG_2584.JPG

2018年ホームカミングデー!!

2018年10月20日

1020日土曜日晴れ。今日は、名古屋大学のホームカミングデーの日。卒業生や在校生のご家族、そして地域の皆さんに、現在の名古屋大学を広く知っていただくためのイベント!今年は「社会の中の大学」をテーマに、一般公開講座、展示、見学ツアーなどの盛りだくさんの内容で開催しました。

私たちが毎日通うITbMでは、『説明、展示、見学を通して「分子」の力を感じる』を行いました。東山研では、1Fで、花粉管ガイダンスや受精の説明を行い、また来場者の方と一緒にトレニアの受粉や解剖をして楽しみました。東山先生と良勝さんにサポートをしていただきながら、長江、中島がライブイメージングセンターの見学ツアーガイドをしました。非常に盛り上がっている様子が見られ、来場者の方にはワクワクしていただけたのではないかと思います。

IMG_8109.jpg

▲お越しいただいた皆様〜!分子の力を感じていただけましたか?

IMG_8120.jpg

▲トレニアの説明が非常にわかりやすく、トレニアにものすごく食いついていますね!

IMG_8117.jpg

▲植物の扱いはお手の物の五郎丸くん

IMG_8114.jpg

▲普段は培養細胞を使っている松本さんもいい感じですね〜

IMG_8106.jpg

▲お子さんやそのお母さん、幅広い年齢層にウケが良い小百合さん。コミュニケーション能力を少し分けて欲しい…。

RicardさんのWelcome Partyを行いました

2018年10月 5日

105日、Ricardさんのウェルカムパーティーを行いました。Ricardさんは、以前ラボに来ていたMariaとDianaのラボ(Silvia先生のラボ)のメンバーです。Ricardさんは10ヶ月滞在する予定です。ポルトガルにいた時とは違ったテーマで実験に取り組む予定です。楽しみですね!

 

We held welcome party for Ricard! He is a member of Dr. Silvia’s Lab which Maria and Diana also belong. He is going to stay for 10 months and then tackle different research from when he was in Portugal. Have fun!!!

DSC_8556.JPGIMG_4192.JPG

植物学会@広島

2018年9月17日

914日から16日、広島で開催された植物学会に参加して来ました。

口頭発表の人もポスター発表の人も白熱したディスカッションを繰り広げ、有意義な学会でのひと時になったことでしょう。

また、東山先生は学術賞を受賞されました。研究室メンバー一同、これからも研究に邁進していきたいと思います。

会場は平和記念公園内にありましたので、宿泊場所によっては、会場にたどり着くまでの間に原爆ドームなどを見ることもできました。原爆の恐ろしさを目の当たりにし、平和に暮らせていることのありがたみを実感しました(今の世を平和と言って良いのかは、議論の余地がありますが…)。

恒久の平和を願いつつ、研究に没頭できる環境に感謝して終わります。皆様、お疲れ様でした。

IMG_3839.JPG

▲学会ロゴマーク。日本三景の宮島を彷彿とさせるオシャレなロゴですね!

IMG_3844.JPG

▲原爆ドーム。負の遺産。鉛のような空がより一層、おどろおどろしい感じを醸し出しています。

IMG_3848.JPG

▲平和記念公園。意味深な設計になっています。皆様は感じ取ることができましたか?

IMG_3946.JPG

▲東山先生!学術賞受賞おめでとうございます。楽しい記念講演でした。

成江先生のお誕生日会を行いました!

2018年8月27日

27日に数日遅れで、成江先生のお誕生日会を行いました。

今年のケーキはお絵描き風東山夫婦ケーキと橋本左内先生ケーキでした。

成江先生は、橋本左内先生のご偉業を多くの方に知ってもらうために活動もされています。江戸時代の人がまさかケーキの上に現れるとは、成江先生の頭の中になかったようで大号泣でした。橋本左内先生もお喜びのことかと思います。

DSC_8501.JPGDSC_8511.jpgDSC_8519.jpgDSC_8521.jpgDSC_8523.jpgDSC_8528.jpgDSC_8540.jpgDSC_8547.jpg

ラボ旅行で「福井」に行ってきました。

2018年8月22日

~はしがき~

人はどうして出発することばかりを喜び、帰ることについては触れないようにするのか。目的地から離れて行く時間や距離を惜しんでいるからなのでしょうか

~第一日目の手記~

820,21日にラボ旅行で、成江先生の故郷でもある福井に行きました。

ビルが所狭しと並び、ヒートアイランド現象を感じながら生活している私たちにとっては、福井の環境はとても新鮮であり、どこか懐かしい感じもしました。

今回訪れたところは、池田町というところで、旅館は山々に囲まれた冠荘でした。山の間を清らかな川が流れているので、きゃっきゃきゃっきゃ言いながら水遊びすること可能です。また、冠荘周辺に、Tree Picnic Adventureという施設があり、若かりし少年少女時代を彷彿とさせる体験ができました。大空に向かってそびえる木を渡り歩くという体験でたっぷり汗をかいた後は、旅館の温泉で極楽タイム突入!!ナトリウム・炭酸水素塩泉のお湯が優しくお肌を包み込み、入浴後はお肌がとろっと、もちもち、すべすべになってしまいました。

~第二日目の手記~

2日目はこんにゃく道場で、こんにゃく作りを学びました。こんにゃく作りに使われるこんにゃく芋は3年芋らしく、Bigになるには3年は少なくともかかるんですね~。丹精込めて、こんにゃくを作り、おうちに持ち帰りました。

あっという間に始まって、あっという間に終わった今年のラボ旅行でした。来年はどこに行くのかな~

DSC_8476.JPG

▲冠荘前にて

IMG_7444.jpg

▲トトロが出てきそうな山間部

IMG_7447.jpg

▲福井と言ったらおろし蕎麦。おろし蕎麦と言ったら福井

2018-08-20 13.51.10.jpg

▲高すぎて、膝がガクガクしちゃうよぉ〜

IMG_7455.jpg

▲四方さん、しばしの休息。スヤ〜Zzz

IMG_7559.jpg

▲星を眺めると、地球の歴史を振り返りたくなりますよね。え?僕だけ?

DSC_8448.JPG

▲宴会だぁぁぁ!!

IMG_3691.jpg

▲左側をご覧下さい。三年の月日を経て、Bigになられたこんにゃく芋さんでございます。

IMG_3692.JPG

▲刮目せよ!これが本当のこんにゃく畑だ!

DSC_8482.JPG▲こんにゃくを通して、人としてどう成長していくべきなのかを考えさせられました。え?僕だけ?(2回目)
IMG_3697.JPG

▲お嬢さん。お母様とお父様が手つきをご覧になられてますよ。

IMG_7603.jpg

▲(おまけ1)東尋坊。岩肌を見ると地球の躍動感が伝わってくるんだよなぁ。福井の恐竜たちもガシガシしてたのかな。

5513A636-567E-4F2B-B7A4-A7D31B837B64のコピー.jpeg

▲鮎といふものはですね、頭からいただくものなのですよ。いただきまーす。ウフフ。

1 / 13

Copyright (C) Higashiyama laboratory All rights reserved.