Enjoy Reproductive Systems

LABORATORY ラボの様子

Farewell Partyを行いました。〜新たなる挑戦〜

2017年11月15日

研究室に少し早い別れの時期がやってきました。10/20にお別れをしたすぐるさんに引き続き、Subbuさんと6ヶ月間滞在されたDanielさんのお別れ会をしました。

Subbuさんは絶え間ない笑顔を私たちに与えてくれて、「笑顔でいれば幸せが近づいてくる」とよく言われますが、Subbuさんの近くにいる私たちも幸福に包まれていたような気がします。

DanielさんはMontreal大学からお越しになり、私たちと半年に渡り、研究をしてきました。日本にいながらにして、海外で研究を行なっているかのような雰囲気作りをしていただき、大変貴重な機会となりました。私も含め、将来は海外で活躍したいと思う人が増えたのではないかと思います。ものすごく面白い一面もありながら、研究に対する姿勢は見習っていきたいと思いました。

お二人の御健勝と御活躍を祈念致しております。

 

新たなメンバーとして中国からシーハオさん(通称:ボブ)が加わりました。これから宜しくお願いします!

 

▼お別れをする二人には巻物の寄せ書きと風呂敷をプレゼントしました!

IMG_7246.JPGIMG_7256.JPGIMG_7261.JPGIMG_7271.JPGIMGP0185.JPG        ▲空港までお見送りしてきました!

新卒研生向け研究室説明会を行いました

2017年11月 1日

新卒研生向けの研究室説明会を行いました。多くの学生が研究室の話を聞きにきて、研究内容だけでなく研究室での過ごし方や展望を語り合いました。一人一人が自分の将来設計の糧になる説明会であったことを願います。

IMGP0176.JPG

IMGP0177.JPGIMGP0178.JPGIMGP0180.JPGIMGP0182.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとばしる情熱を持って、東山研の新たなメンバーとなり、一緒に研究室を盛り上げていきたいものです!

「新種誕生の原理」若手の会@御殿場

2017年10月31日

10/2830に台風が横切っていく中、新学術領域研究「新種誕生の原理」若手の会に参加してきました。若手の会というその名の通り、非常に学生が多く、学生にとっては刺激的かつ有意義な発表の場となりました。先生方や研究員の方からはありがたいアドバイスをいただいたり、ディスカッションをさせていただき、より強く研究に邁進していきたいと思いました。

(左上)代表の挨拶で若手の会が開幕です!何処と無くいつもよりラフな気がします。

 (右上)代表の挨拶に傾聴しております

 (左下)研究室紹介です。人前で話すときは、中島という流れができつつあります。

 (右下)イメージングセンターの良勝さん!!生物と化学の架け橋になっていただけるようなお話をされていました。

写真1.JPG

写真2.JPG写真3.JPG写真5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11/1に以下の写真を追加しました!

PA290031.JPGPA290037.JPGPA290042.JPGPA300080.JPGPA300064.JPG

Homecoming Day (2017)

2017年10月23日

名古屋大学ホームカミングデイは、卒業生の皆様を母校にお迎えし、旧交を温めていただくとともに、現在の名古屋大学を地域の皆様にも広く知っていただく機会として、毎年10月の第3土曜日に開催しています。今年は10月21日に行われました。

本研究室では、トレニアの解剖体験コーナー及びトレニアの花粉管誘引観察を行いました。また、ClearSeeのサンプル展示も行いました。

台風21号が接近し、あいにくの大雨でしたが、大勢の来場者に足を運んでいただいたことは感謝です。

IMGP0172.JPGIMGP0175.JPGIMGP0174.JPG

▲(左上)お客様来る前のセットアップ!(右上)大型モニターに花粉管を表示しました。いい花粉管を探してます。

 (下)雨にも負けず、風にも負けず、ITbMまでお越し下さり、誠にありがとうございました!!

Farewell Partyを行いました。〜新たな旅立ち〜

2017年10月20日

10/20(木)雨時々曇り。すぐるさんのFarewell Partyが行われました。またドイツから帰国した四方さんのお帰りなさい会兼新しい技術補佐員の谷内さんの歓迎会も同時に行いました。秋雨前線が張り出しているここ最近でしたが、本日は比較的お日柄もよく、優さんの門出を天も祝っているかのようでした。

優さんはG30プログラムの初代として、東山研の国際化のみならず、理学部生物系の国際化に大変貢献されました。初代ということもあり、苦労することが多々あったということでしたが、先生方、周りの人と協力して壁を乗り越えてきました。今では本当に頼りになる東山研の一員です。

そんな優さんも来月からは新たな夢に向かって突き進まれます。「夢、確固たる目的、希望…をしっかり持っているのであれば、必ず道は開かれる!」と願い、東山研一同、優さんの今後の活躍をお祈りします。Good Luck!!

IMG_7008.JPG

▲優さん、新たな地でも今まで通りベストを尽くしてください!

IMG_7034.JPGIMG_7036.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ようこそ、谷内さん!お帰りなさい、四方さん!

IMG_7043.JPG

▲花束と色紙の贈呈を行いました!

IMG_7061.JPG

▲指導教員の成江先生の瞳にはうっすらと涙が浮かんでいました。もらい泣きしそうになりました…(涙)

IMG_7070.JPGIMG_7073.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲(左)成江先生がおにぎりを握ってくれました。

(右)長江くんが牧場まで買いに行ってくれた最高級の和牛が振舞われました!!

IMG_1526.JPG▲君が光を導いてくれたのかな?

Lab.4 Meeting 2017 〜先端技術でリードする植物科学〜

2017年9月22日

921日、22日に、植物系研究室が合同で開催しているセミナー合宿Lab.4が開催されました。

今年は東山研が主催でした。

まず合同ミーティングを行う前に浜松ホトニクスにて見学をしました。日本が誇る光電子倍増管を見ることができ一同感激していました。また、工業化がなされているものの手作業によるところが多く、職人さんたちに日本の最先端技術が支えられていることを改めて実感しました。

IMG_1472.JPG

▲カミオカンデ。ノーベル賞を受賞された梶田先生のサイン入りです。

見学後は、浜名湖に臨む宿にて、セミナーを行いました。新涼を感じながらのセミナーはとても新鮮でした。私たちの研究室は植物の生殖をメインに研究を進めていますが、植物という共通点を持ちながら違う分野にも触れることができ、いいインスピレーションが浮かんだのではないでしょうか?

浜名湖.JPG

▲浜名湖の空気はとても新鮮です。ウナギ養殖発祥の地と考えるとワクワクしてしまいます(明治33年に服部倉治郎が始めた)!左手に見える観覧車は浜名湖パルパルの観覧車でしょうか?

Lab41.JPGLab42.JPGLab43.JPGLab44.JPGLab45.JPGLab46.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲東山研の発表に聞き入る参加者の方々。東山先生に司会進行を直訴した中島氏。エース長江!馬車馬の如く働く井本!ITbMの架け橋青木!植田班の萌えカワさゆりん!東山研のネクストジェネレーションが垣間見られました!

Lab4集合写真.JPG

▲皆様お疲れ様でした!大変有意義な時間を過ごすことができました!!

 

来年は木下研が主催となります。どのようなセミナーになるのか今から楽しみです!

合同ミーティング@菅島

2017年9月14日

1213日にかけて合同ミーティングを臨海実験所の菅島で行いました。

当然のことながら、普段のセミナーでは植物の生殖をメインに発表しますが、合同ミーティングなので、動物の生殖についても見聞を広げる良い機会になりました。

今年は長江くんが幹事を務め、卒業するまで幹事をしてもらえたらいいなぁと思いました。長江くん、お疲れ様でした!!

IMG_1431.JPGIMG_1443.JPGDSC_2554.JPG

▲(左上)菅島の狸。(右上)バーベキューの時には虹が…。(下)お疲れ様でした!!

IMG_3561.JPG▲長江くんは発表賞で同率1位でしたが、じゃんけんで負けて2位になってしまいました(泣)来年は1位ですね。

IMG_1463.JPG

▲合同ミーティングの帰りに参加者で鳥羽水族館を見学しました。水族館にもかかわらず植物に目がいってしまうのが東山研なのです。長江くんはアゼトウガラシ、中島氏はソテツ、青木くんはリュウキュウスガモに気を取られてばかりでした。

院試打ち上げを行いました

2017年8月30日

8月末に院試を終えた4年生を労わる打ち上げを行いました。

4年生は無事合格を決め、残りの4年生ライフは卒業研究に邁進していくことでしょう。

(余談:4年生が院試勉強のため、あまりラボに来ていない時は静かで寂しかった編集者であります。)

17打ち上げ1.JPG

▲来年の東山研の修士1年のお嬢様方

17打ち上げ2.JPG

17打ち上げ3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲終始和やかな打ち上げとなりました。卒業された須崎さんと大津さんのお酒でお祝いしました

(須崎さん、大津さん!見てますかー!)
17打ち上げ4.JPG17打ち上げ5.JPG17打ち上げ6.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲東山先生のご実家のある山形直送の「だだちゃ豆」

 井本さんは早速、異文化交流

 田中さんと安藤さんは植田班メンバーで大盛り上がり

朝日小学生新聞50周年 第4回こども会議が開催されました

2017年8月26日

朝日小学生新聞さんが創刊50周年の今年、小学生が様々なテーマを取材・体験して発信し合う「こども会議」を開催しています。第4回は「研究のおもしろさを伝えよう」と題して、8月26日にITbMにて開催されました。東山先生と伊丹先生が小学生に対して、研究のおもしろさをお話しされました。小学生にとってはとても刺激的な施設見学や体験学習になったことでしょう。

先生方のお手伝いをさせていただきましたが、小学生の素直な疑問に、私たちも凝り固まった頭を今一度クリアにして研究に向き合いたいと思いました。「木を見て森を見ず」ではなく、「木も見て森も見る」をできるようになりたいものです。

こども会議.jpeg

▲いつもは先生と大学生が議論し合う場が、今日は先生と小学生という異様な光景です。小学生の皆さんは物事をいかに伝えるかを考えました。ちなみに東山研はみんなラボTシャツで参加しました。

成江先生のお誕生日会を行いました

2017年8月25日

成江先生のお誕生日会を行いました。

今年は旬のフルーツの写真ケーキをプレゼントしました!

成江先生1.JPG

▲今の旬の果物は無花果です!ちなみに東山先生が学術賞を受賞した時の写真です。

以下、お誕生日のメッセージ

夫:「お誕生日おめでとうございます。追いついてもまた追い越されますね。」

男子A:「Bon anniversaire!!!!!!」

男子B:「御誕生日御目出度候」

女子A:「成江先生御誕生日おめでとうございます!これからも先生の素敵な笑顔でラボを明るくしてください!!」

卒業生:「これからもエネルギッシュに東山研を引っ張っていってください!」

班員:「成江さんお誕生日おめでとうございます。これからも私共々ミトコンドリアの面倒を見ていってください」

男子C:「誕生日おめでとうございます!名前を覚えていただきありがとうございます!これからも忘れないでください」

 

上記以外にも数多くのお祝いのメッセージが寄せられました。

たくさんの幸福と可能性に満ちた日々でありますように!

成江先生2.JPG

▲Happy birthday to you♪

成江先生3.JPG

▲背景は専門分野のミトコンドリア

1 / 9

Copyright (C) Higashiyama laboratory All rights reserved.