Enjoy Reproductive Systems

LABORATORY ラボの様子

RyunosukeくんがDefenseを合格しました

2018年7月17日

G30Ryunosukeくんが見事、Defenseを合格しました。体調がすぐれないこともあり、自分が思い描いていた実験が達成できたかどうかはRyunosukeくん本人にしかわかりませんが、側から見ていると最後まで諦めずにすごく頑張ったなぁと思います。

学位は授与される(give)のイメージがありますが、「Defence」というだけあり、己の力でEarnしたと思います(攻めの姿勢、いいですね〜)。

卒業という言葉を聞くと、英語ではgraduateを思い浮かべる人もいるとは思いますが、スティーブ・ジョブスの伝説のスピーチでは、commencementという言葉が使われています。commencementには「卒業」の他に「始まり」という意味があります。ということは、卒業は終わりではなく、これからの将来へのスタートだとういうことなんですね!!

IMG_5458.JPG

▲Yay! You did it! Congratulations!!(右は同級生のJia Xinさん)

Maria & DianaのFarewell Partyを行いました(涙)

2018年7月 6日

ホームページをご覧の皆さん、こんにちは。76日に半年滞在したMaria3ヶ月滞在したDianaFarewellpartyを行いました(涙)。お食事は東山先生が中日文化賞を受賞のお礼ということでセッティングして頂きました(本当にありがとうございます!)。異国の地に飛び込んでくる勇気は本当に尊敬します。不安や緊張を感じながら、日本という国にきたと思いますが、未知の世界を旅して、新しい景色が見えましたでしょうか?ポルトガルの偉人ヴァスコ・ダ・ガマもきっとドキドキしながら航海したんでしょうね。船の進路を決めるのは風ではなく、帆の向きです。人生の航海の行く末を決めるのは、強い心の持ち方です。また会いましょう!

 

We had a farewell party for Maria & Diana. We respect her courage to jump into a foreign country. We think you came to Japan while you felt nervous. Can you see new scenery during traveling an unknown world? Vasco da Gama, a great Portuguese, also sailed while he got butterflies in his stomach. It is not the wind that determines the course of the ship, but the direction of the sail. Voyage of your life is up to you!! 

Vamos encontrar novamente!

IMGP0531.JPGIMGP0534.JPGIMGP0536.JPG

▲お別れの言葉を聞いていたら、涙で視界がぼやけて、カメラのピントを合わせるのがようやくでした(涙)

IMGP0548.JPGIMGP0553.JPGIMGP0557.JPG

▲色紙は「桜」になる可愛いタイプのものをプレゼントしました!

IMGP0566.JPG

▲お二人とも扇子の持ち方がセンスいいですね〜(ギャグです。すみません。)

IMGP0578.JPG

▲あ、お食事の時も置いてくれてるっ!

IMGP0582.JPG

▲また来てね〜!Espetacular!!!

東山先生と金岡先生がICAR2018に参加しました。

2018年6月30日

6月25日から29日にかけてICAR2018(International Conference on Arabidopsis Research)が開催されました。28日のReproductionのセッションで金岡さんがStructural and functional analysis of LURE proteins for species-specific pollen tube guidanceについて講演され、最終日に東山先生が基調講演「Cruising inside flowers: from cellular dynamics to key signalling molecules」をされました。

IMG_2535.JPGIMG_2537.JPG

3年生実習を行いました。

2018年6月29日

6月18日から29日の2週間に渡り、3年生実習を行いました。

今年も、花粉管ガイダンスにおける助細胞機能の解析と題しまして、「マイクロデバイスを用いた花粉管ガイダンスの観察」、「シロイヌナズナ配偶体マーカーラインの蛍光観察と同定」、そして「シークエンスとBLAST検索による助細胞特異的に発現する遺伝子の同定」の豪華3本立ての実習内容でした。

TAの方は入念に実習内容を確認し、実習に臨みました。

実習に参加した3年生は先生の話をよく聞き、疑問点はグループ内で話し合い、どうしても解決できない場合はTAに聞くなど、積極的に実習に取り組んでいたように思います。

胚珠を解剖するなど慣れない作業もありましたが、創意工夫し、TAからコツを聞くなど、和気藹々とした実習になり、東山研一同、非常に嬉しく思います。

IMG_2951.JPG

▲打ち上げの様子です。

ICSPR2018に参加しました

2018年6月17日

6月11日から16日にかけて、The 25th International Congress on Sexual Plant Reproduction(国際植物生殖会議2018)に参加しました。今回は岐阜での開催でした(まさかの国内)。近年の植物の生殖分野を支えている多くの先生方の講演や、数多くのポスター発表に魅了されました。いつかは私たちもあの大舞台で発表したいものです。

IMG_2859.JPG

▲毎晩、国際会議の看板に「かんばんは(こんばんは)!」(ギャグです。すみません。)

IMG_2865.JPG

▲岐阜駅前には横断幕!!

IMG_2875.JPG

▲国際学会のエクスカーションで、長良川にて鵜飼ツアーに参加しました。これが日本のクルージングだ!!

IMG_2917.JPG

▲岐阜城から会場を見渡しました。どこかわかるかな?「天下統一するぞ〜」

東山先生のお誕生日会を行いました。

2018年5月29日

毎年恒例の東山先生のお誕生日会を行いました。いつもサプライズがちにしているものの、流石に先生もお気付きになられて、心算はしているのかと心中お察ししております。学振に先生も追われて、かなりお疲れのようでしたが、心はハッピーということで良かったです。

IMGP0475.JPG

▲おっと、見覚えのある様式だ〜

IMGP0482.JPG

▲今年はシフォンケーキでした!

IMGP0484.JPG

▲Happy birthday to you〜♪♪♪

IMGP0490.JPG

▲成江先生がめちゃくちゃ嬉しそうで、こちらも嬉しくなっちゃいますね〜

IMGP0502.JPG

▲こ、これが、ケーキ入刀か…。ぼ、僕も早く共同作業したいです…。

IMGP0518.JPG

▲東山先生「いや〜、照れますね〜(//∇//)」

Silvia先生、来日!

2018年5月22日

5月21日から1週間、MariaとDianaの研究室の先生であるSilvia先生が滞在されます。

22日にはSilvia先生のアドバンス生命理学特論が行われました。その後に細やかなパーティーを行いました。

個人的な感想ですが、偶然にも数年前に興味深いと思っていた論文のラストオーサーだったので、どこでどう繋がるかわからないなぁとしみじみと思いました。

IMGP0461.JPGIMGP0465.JPG

▲MariaとDianaは素敵な先生のもとで研究しているんだなぁ〜

IMGP0467.JPG

▲東山先生はいつもの斜めスタイルですね!成江先生はいい感じの袖の長さですね!

IMGP0471.JPG

▲ハイ、チーズ!(パシャッ!)

新学術領域研究「植物新種誕生の原理」平成30年度班会議が開催されました

2018年5月10日

新学術領域研究「植物新種誕生の原理」平成30年度班会議が5/9、10の二日間に渡り、行われました。新種誕生の原理を追求するべく、ライブイメージング、構造生物学、有機合成化学、情報科学といった、異分野融合を行い取り組んでいます。多角的な視野で研究が推進されていることを学生の私たちもひしひしと感じました。ユニークな発想に感嘆し、活発な意見交換により盛り上がったことをいつまでも忘れないでしょう。有意義な二日間となりました。

IMGP0400.JPG

▲班会議始まる5分前くらいのニコニコな東山先生!

IMGP0372.JPGIMGP0438.JPGIMGP0439.JPGIMGP0442.JPGIMGP0441.JPG

▲しっかりと目線をこちらに合わせていただけるなんて流石としか言いようがありません!

IMGP0446.JPGIMGP0449.JPGIMGP0370.JPG

▲長江くんが班会議中に若手の会のアナウンスを行いました。この写真はアナウンスをするときの様子をあらかじめ前撮りしておいたものです(笑)

2018年度生命理学ソフトボール大会が開催されました

2018年5月 2日

5月2日水曜日、曇りのち……(お察しください)。

目覚めたら、朝だというのにどことなく暗い。家を出ると鈍色の空が街を覆い尽くしていた。今日は一年に一度訪れるソフトボール大会だというのに…。グラウンドも霞みがち。試合も歯車が噛み合わない。ボス、早く降臨してください…。

第2試合になり、停滞したまま試合は進行した。そんな時に黄色い声援が!成江先生だ!ついでProf. TETSUYA!!一気に会場が盛り上がる。そのまま勝負は決まった。淀みがちだった攻守も川の流れの如くとどまることはなかった。

アロハシャツにポカポカと陽が当たって、マシュマロ的幼心にも初夏を感じられる陽気な日だった。

 

(注)これは午前中の話です。午後の試合は生憎の雨で中止になりました。とりあえずベスト4まで残りました!

IMGP0316.JPGIMGP0317.JPGIMGP0321.JPGIMGP0329.JPGIMGP0330.JPGIMGP0340.JPGIMGP0350.JPGIMGP0351.JPGIMGP0355.JPG
▲ラボTシャツでペアルックの栗原夫妻。いいですね〜。幸せが滲み出ちゃってます。
IMGP0361.JPG
▲我らのボス、東山夫妻。僕も先生方のような夫婦になりたいなぁ〜笑
IMG_8792.jpg

吉村研との合同Tea Breakを行いました

2018年4月24日

4月24日、吉村研との合同Tea Breakを行いました。昨日までは照りつける日差しにアスファルトが焼け焦げているかのようでしたが、打って変わって今日は紫陽花の葉にでんでん虫が這うかのようなお天気でした(ちなみに紫陽花はまだ咲いておりません。私の勝手なイメージです)。新たなメンバーの方達は日本語と英語の両方で自己紹介を行いました。とても立派ですね~!これからよろしくお願いします!

IMGP0297.JPGIMGP0299.JPGIMGP0300.JPG

1 / 12

Copyright (C) Higashiyama laboratory All rights reserved.